リフォームでお洒落な家に変わる【リフォームでホームチェンジ】

フローリングの保護の方法

作業員

床材は保護するべき

フローリングの住宅に住んでいるならば、必ずフロアコーティングを施工しておかなければなりません。フロアコーティングの基礎知識として、フローリングを長く使っていくための唯一の手段といえるからです。目版を張り合わせた床というものは畳などと違って簡単に張り替えることが出来ません。壁などに壁紙が使用されているのも同じ理由であり、汚れたらすぐに張り替えてしまうのです。しかし、フローリングはそのまま木材が使用されているために張り替えると大きなコストがかかってしまいます。そのためフロアコーティングを実施して耐用年数をのばす必要があるのです。そういった知識をしっかり把握して、確実なフロアコーティングの施工を行いましょう。見栄えを重視する場合はガラス、耐久性を重視するならウレタンなどを選ぶと効率よく施工できます。コーティングの素材によって目的は変わってくるので、どういった床にしていくかをしっかり考えておきましょう。基本的にはポリマーやウレタンを選択すれば間違いはありません。見栄えを重視するガラスコーティングなどは公共の施設の床などに使用されるものなのです。住宅の場合も来客が多い家などでなければ無難にポリマーコーティングを選択するとコスト的にもいいでしょう。床に保護剤を塗布するという場合はワックスをイメージするかもしれません。ワックスも十分効果はありますが、毎年かけていかなければ効果が大きく落ちてしまいます。長期的に考えるならばフロアコーティングがおすすめです。

Copyright© 2017 リフォームでお洒落な家に変わる【リフォームでホームチェンジ】 All Rights Reserved.