リフォームでお洒落な家に変わる【リフォームでホームチェンジ】

欠点を利点に

インテリア

木製サッシの注意点

木製サッシは昔よく利用されていましたがアルミサッシが登場してからはその姿を見かけることが少なくなってきました。
これには勿論、理由が存在します。実は木製サッシのデメリットとして耐久性が低い事があげられるのです。
完全に木だけで製造されたものは経年による塗装の劣化や腐食、そして木の狂いが生じやすいのです。
日本では特に湿気が高いので、木の腐食のスピードは他の国と比べても高く、木そのままの素材を使用しているとすぐに劣化してしまうのです。
このような自体にならないように最近では木製サッシの耐久性を高めるために様々な工夫が取り施されています。
木のデメリットを改善することで木製サッシが更に使用しやすくなったのです。

木の欠点を改善

木の素材のデメリットとしてまず挙げられるのが、木の狂いや腐食です。
木が反ってしまう、または曲がってしまうことによって、普段住宅内で利用する際にサッシの滑りが悪くなり、上手く動かせなくなってしまうことがあります。
他にもサッシ自体が腐食してしまうことによって、サッシがもろくなり壊れてしまう可能性もあります。
これは主に木製サッシが水分を吸収しやすい事が原因です。
特にサッシは外に晒されていることが多いので、雨などにも細心の注意を払わなければいけません。
最近では、木製サッシに特殊な加工を施すものも増え、更には外側に別の素材を使用し、内側は木を利用している木製サッシも登場しています。
これらの登場によって、木製サッシの耐久度が増し、昔よりも使用しやすくなりました。

Copyright© 2017 リフォームでお洒落な家に変わる【リフォームでホームチェンジ】 All Rights Reserved.