リフォームでお洒落な家に変わる【リフォームでホームチェンジ】

様々なリフォーム

家の模型

施工に必要な費用は箇所ごとに大きく違うため注意をする

外回りから居室、水回りなど住宅のリフォームを行える場所は幅広く、それぞれの箇所で掛かる費用もまた違って来ます。このため施工前にどの箇所でどれくらいの費用が掛かるのか、目安を知っておくとより納得の行く予算でリフォームができます。 一例を挙げると、水回りリフォームならばキッチンはおおよそ中心価格帯は100万円から150万円ほどの工事が多くなります。この価格帯の工事できることは、キッチンそのもののスタイルを変更してクローズドからオープンキッチンにしたり、U字型キッチンを導入できたり、収納なども全面改修できます。 また居室のリフォームならば、リビングや寝室は相場としては50万円から100万円ほどとなります。

リフォームの本格的普及の歴史は戦後から始まる

日本でも古くから建物を補修して用いるリフォームに近いことがありました。例えば土蔵がその1つです。伝統的な日本の建築様式である土蔵は、長年使い続けると漆喰が剥げたりして外部から雨水などが侵入してくる恐れが出てきます。この補修のために、定期的な補修を行っていました。 一方で日本では古くから木造建築の住宅が主流で、今で言うリフォームという考えは広くは定着しておらず、せいぜい壊れた住宅の一部を修繕することがほとんどでした。 本格的にリフォームが定着するのは、戦後ベビーブームで育った子供が成人して家を持つ人が急増した高度経済成長期後半あたりになってからです。折しもツーバイフォーの住宅施工がブームとなっている時期で、住宅を改修して住むという考えが広がり、リフォームを行う人が増えていきます。

Copyright© 2017 リフォームでお洒落な家に変わる【リフォームでホームチェンジ】 All Rights Reserved.