リフォームでお洒落な家に変わる【リフォームでホームチェンジ】

高齢者向けリフォーム

てすり

手すりを設置することで高齢者は楽になります

今や介護は誰にでものしかかる大きな問題となっています。核家族化がすすむ中介護をする子の人数が減り負担も増す一方です。又独居老人や老老介護家庭も増え介護の難しさが浮き彫りとなる事件事故もみかけます。 ご自宅で過ごす時間の長い高齢の方にとっては少しの段差でも怪我の原因になることが多々あります。かと言ってバリアフリーの改修工事となると費用も時間も必要です。少しでも高齢者に快適に安全に暮らしてもらいたい、なるべく費用を抑えたいという思いを実現するツールがあります。 それは自宅内に手すりを取り付けることです。 足腰の弱った高齢者にとって階段の上り降りや浴槽に入ることは大変な負担となります。それが手すりに?まることによってずいぶんと楽になり事故防止になります。

そして家計も助かります

手すりの取り付けには介護保険の利用ができます。 高齢者住宅改修費支給制度の利用です。 要介護認定で要支援以上の認定を受けた高齢の方が安心して自宅で暮らせるよう、また介護者の負担を減らせるようにするための制度です。 この制度を利用することにより自己負担は1割ですみます。利用するには申請書等が必要になります。手すりを購入してご自分で取り付けすることも可能です。業者に設置を頼めば申請書についてもアドバイスをもらえることでしょう。 手すりにはさまざまな種類があります。太さや形状、設置する高さも含めてまずはそれを必要とする方の目線にたったものをつけてあげてください。 わからないことや取り付けに不安があるようでしたら、介護用品を専門に取り扱う業者もありますので、そちらに相談されてみるのもいいでしょう。

Copyright© 2017 リフォームでお洒落な家に変わる【リフォームでホームチェンジ】 All Rights Reserved.